教師・教員の転職

教師・教員のストレスに関する原因と対策について考察してみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

子どもたちの成長に寄り添う教員の仕事。

そこで得られる達成感や充実感は教員ならではの魅力とも言えるでしょう。

たなかくん
たなかくん
ただ、その魅力とは裏腹に
毎日のストレスは相当なもの。

確かに多くの教員がやりがいを感じながら働いていますが、その一方で学校現場で起こる様々な問題から、非常に多くの教員がストレスを抱えながら働いています。

その実態を示す資料として厚生労働省の「過労死等防止対策白書」がありますが、この資料によると教員の約8割が業務に関連したストレスや悩みを抱えながら働いているという結果が報告されています。

そこで今回は「教員のストレスに関する原因と対策」について考察していくことで、教員のストレスで悩んでいる方が「自分はどのような状況でストレスを感じているのか」といった自分なりのストレス要因や、その解消法を見つける一助となれば嬉しく思います。

教員のストレスに関する原因

まずは「教員のストレスに関する原因」について見ていきましょう。

たなかくん
たなかくん
教員のストレスは
様々な問題が関係しています。

確かに責任感が強すぎたり、気を遣いすぎたりなど教員自身の特徴も教員のストレスに影響を及ぼしていますが、個人的な価値観では学校教育における様々な問題が複雑に関係し合いながら、教員のストレスに影響を及ぼしているように推察しています。

ひよこ
ひよこ
じゃあ具体的に
どんな問題が教員のストレスに
影響を与えているんだろう?

これに関係する資料として「過労死等防止対策白書」がありますが、教員のストレスに影響を与えている上位4項目として、次のような問題が報告されています。

ストレスを感じる項目 教員の割合
長時間勤務の多さ 43.4%
職場の人間関係 40.2%
保護者等への対応 38.3%
子どもを取り巻く環境 31.1%

では、各項目について見ていきましょう。

教員の長時間労働について

まずは教員の長時間労働についてです。

たなかくん
たなかくん
約半数近くの教員が
長時間労働に対して
ストレスを感じています。

教員の勤務時間に関する資料として「教員勤務実態調査」という資料がありますが、これによると小学校教員の平日における平均勤務時間は11時間15分と報告されています。

これは法定労働時間の1日8時間労働を大きく上回り、さらには健康障害のリスクが高まるとされている1日12時間労働といった過労死ラインにも近づいていることから、いかに教員の長時間労働が深刻な状況であるかが分かるかと思います。

こうした長時間労働の背景には

  • 多岐にわたる膨大な業務量
  • 突発的な予定外の業務

といった理由が挙げられますが、これと共に勤怠管理のずさんな状況も相まって、なかなか長時間労働の解決には至っていません。

たなかくん
たなかくん
ただ、長時間労働自体が
ストレス要因ではないという
研究結果も報告されています。

その理由として、教員の多くが「子どもたちの成長のために」という教育に対する熱い思い持ちながら毎日の教育活動に取り組まれているため、長時間労働そのものに対してストレスを感じることが少ないのではないかと考えています。

そのため長時間労働そのものではなく、むしろ残業によってプライベートの時間を確保することができない、突発的な予定外の業務によって本来の授業準備や事務作業に取り組むことができないといったように、長時間労働によって、仕事や生活に支障をきたしている状況に対してストレスを感じる教員が多いように捉えています。

教員の人間関係について

次に教員の人間関係についてです。

たなかくん
たなかくん
意外にも子どもたちではなく
保護者や教員同士の人間関係に
強いストレスを感じています。

「教職員のメンタルヘルスに関する調査」という資料によると、子どもたちとの人間関係にストレスを感じている教員の割合は約7割と高い数値を示しています。

その一方で保護者や教員同士の人間関係ですが、意外にも子どもたちと比較すると低い割合を示しており、そこまで多くの教員がストレスには感じていないようです。

しかし個人的な価値観では、ストレスに感じている教員の割合は低くとも、うつ病といった精神疾患に関係するような強いストレッサーとして影響を与えているのは、むしろ保護者や教員同士の人間関係によるものではないかと考えています。

たなかくん
たなかくん
保護者との人間関係は
やりがいを感じる一方で
ストレスの要因にもなります。

本来は「良きパートナー」として子どもたちの成長を支え合っていくはずの保護者ですが、立場や教育観の違いからか、時として意見の衝突に発展することがあります。

その場合は、保護者から怒りの感情をぶつけられることもあり、思いやりのある優しい教員ほど休職や離職に追い込まれるようなストレスを抱えているように感じています。

また、これまでの保護者はどことなく教員を含めたクラス全体を見守っているような雰囲気でかかわることができましたが、近年はクレーム社会の影響も相まって、何か気になることがあれば「まずは一言申し上げなければ」と、すぐさま教員に対して意見を述べる保護者も見受けられるようになり、ストレスが深刻化しているように感じています。

たなかくん
たなかくん
教員同士の人間関係も
ストレスの要因になります。

これは他の業界とは異なり、職場内に同じ境遇をもつ同僚が少ないことに加えて、各教員の教育観に対して必要以上に踏み込まないという暗黙の了解も存在することから、教員同士の人間関係に難しさを感じ、ストレスになっていると考えています。

また長時間労働の影響から、コミュニケーションをとる相手が職場内の教員に限られてくることもあり、教員によっては非常に狭いコミュニティーを主体に活動しているのではないかと推察しています。

そのため、ある意味においては「閉ざされたコミュニティー」で人間関係を構築しなければならないため、関係や評価の固定化から教員同士で問題が生じた際にこじれる傾向にあり、教員同士の人間関係におけるストレスは深刻化しやすいと感じています。

子どもを取り巻く環境について

最後に子どもを取り巻く環境についてです。

たなかくん
たなかくん
子どもを取り巻く環境は
これまでとは大きく異なり
負担感も増大しています。

近年、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。

マクロな視点で見ると、グローバル化社会や情報化社会といった社会構造レベルでの変化が見受けられますが、一方でミクロな視点で見ると、陰湿ないじめや学級崩壊といった、従来の学校現場では見受けられなかった変化が、子どもたちに襲い掛かっています。

また、こうした環境の変化にさらされた子どもたちも多大なるストレスを抱えており

  • 不登校
  • 飲酒・喫煙
  • 万引き
  • 自傷行為

とった問題行動も見受けられるようになり、あわせて児童虐待といった家庭問題も考慮すると子どもを取り巻く環境は大きく変化しており、その結果、教員が対応しなければならない複雑な事例も増加し、より教員の心理的負担も増大しているように感じています。

たなかくん
たなかくん
その上さらに
学校現場では個性の重視が
求められています。

こうした環境の変化を抱えながら、近年の学校現場ではインクルーシブ教育といった子どもたちの個性に寄り添った教育が、これまで以上に求められるようになり、時としてクラスという集団では円滑な教育活動を展開することができない状況となっています。

このような状況下では、教員一人では対応しきれない事例も往々にして存在するため、その結果、責任感や熱意が強すぎる場合、教員として子どもたちの役に立てないことに対いて、自信をなくしてしまい、緊張や不安で疲弊した教員も多くいらっしゃるのではないかと危惧しています。

教員のストレスに関する対策

ここまで「教員のストレスに関する原因」について見てきました。

みなさんは自分なりのストレスの原因を見つけることができましたか。

たなかくん
たなかくん
ですが簡単には
ストレスの原因自体を
取り除くことはできません。

ストレスマネジメントの方法として「自身がストレスに感じるポイント」を未然に回避するという方法がありますが、簡単には実践できない方法だと考えています。

各教員によってストレスに感じるポイントが異なるため、一概に回避できないとは言い難いところですが、しかしながら教員という仕事柄、学級開きなどの繫忙期はどうしても長時間労働になりがちですし、保護者や教員同士の人間関係もいつ複雑な状況に陥るかは予測することができないため、効率よく回避することはできないと考えています。

たなかくん
たなかくん
そこで重要な視点として
ストレスのアウトプット!

こうしたストレスの原因自体を回避することが難しいからこそ、蓄積されていくストレスを効率よくアウトプットしていくことが、教員のストレスマネジメントでは重要です。

では、その具体的な方法ですが、勤務終了後のプライベートの時間におけるアウトプットも重要な視点となりますが、一方で学校で過ごす時間も多いことから、日々の業務内においても効率よくストレスをアウトプットしてくことが重要になると考えています。

そこで以下では

  • 勤務中のストレスマネジメント
  • 勤務外のストレスマネジメント

という2つの視点から教員のストレスマネジメントについて見ていきたいと思います。

勤務中のストレスマネジメント

では、勤務中のストレスマネジメントについてです。

たなかくん
たなかくん
ポイントはOFFの時間を
どのようにして設けるかです!

このストレスマネジメントは

  • 各教員の性格
  • 各教員の状況

などによって具体的な方法は異なってきますが、いずれにせよ重要な視点として、ストレスをアウトプットするために「自分なりのOFF」を設けることが重要となります。

例えば、長時間労働によってストレスが蓄積されている場合、運動をすることが好きな教員ですと、連絡帳や宿題の確認といった事務作業もありますが、休み時間の際には、積極的に子どもたちと遊ぶことでストレスのアウトプットに繋がるのではないでしょうか。

仮に運動が苦手といった場合、生活指導などの堅苦しい内容ではなく、自分の趣味について子どもたちと雑談のように会話を楽しむのも良いかもしれません。

また保護者との人間関係や子どもたちを取り巻く環境によって、ストレスが蓄積されている場合、共通の趣味をもつ上司や同僚の方とコミュニケーションを図ることで、ストレス解消に繋げることができるのではないかと考えています。

ひよこ
ひよこ
そうは言っても
簡単にできないよ…。

確かに教員のストレスで悩んでいる方の中には、ストレスが蓄積されていることに気が付きながらも、子どもたちのことを思ったり、学校組織のことを考えたりすると、なかなかOFFの時間を設けることに対して、積極的になれないように感じています。

実際に僕も手を抜けない性格でしたので、みなさんの気持ちはよく分かります。

ですが、かと言って勤務時間中は一切の手を抜かず、学習指導や生活指導、学校業務などに取り組んでいると、それこそ心身の健康に悪影響を及ぼしてしまい、かえって子どもたちの成長に寄り添うことができず、本末転倒になりかねないと考えています。

ですので、こうしたストレスマネジメントを実践していく際は、自分にとって譲れない部分や行わなければならない業務について整理した上で、完璧を求めすぎないことが重要になるのではないでしょうか。

また子どもたちや保護者、上司や同僚に関する愚痴や不満を職場内で話すなど、自分の品位を貶めるような行動を避けておくことも、あわせて重要になってくるでしょう。

こうした点に注意して、ぜひ勤務中のストレスマネジメントを実践してみてください。

勤務外のストレスマネジメント

最後に、勤務外のストレスマネジメントについてです。

ひよこ
ひよこ
これは各教員の個性によって
あらゆる方法が考えられます!

勤務中とは異なり、プライベートにおけるストレスマネジメントとなるため、各教員の性格や趣味などを基にして「自分なりのOFF」を設けることが重要だと考えています。

  • 運動をする
  • 読書をする
  • 映画を観る
  • 美味しいものを食べる
  • のんびりとお風呂に入る
  • ゆっくりと睡眠をとる

本当にあらゆる方法が思い浮かんできますが、いずれにせよ自分が楽しいと感じ、ストレスをアウトプットすることができる「自分なりの方法」を模索してみてください。

ひよこ
ひよこ
何かおすすめの方法とか
あれば教えてほしいな。

では、ここからは僕が普段から実践しているストレスマネジメントとして

  • 美味しいお酒を適量飲むこと
  • 綺麗な風景を目で楽しむこと

の2つをご紹介させていただきます。

たなかくん
たなかくん
この2つはマインドフルネス
という考え方を基に実践しています!

マインドフルネスとは、今この瞬間に注意を向けている状態のことを示していますが、この考え方を取り入れることで、自身の感情の変化に気付いたり、コントロールしたりすることができるため、ストレスマネジメントを行う上で効果的な考え方となります。

具体的には、ただ何となくお酒を飲んだり、風景を眺めたりするのではなく、味覚や視覚といった五感を大切にしながら今この瞬間に意識を傾けることが重要となります。

この方法によって、普段なかなか自覚することができない「ストレスが溜まっている自分」に気付くことができたり、「お酒や風景を楽しんでいる自分」に気付くことができたりと、感情のコントロールやストレスのアウトプットに活用することできます。

ただ、意外にも今この瞬間に注意を傾けることは難しく、初めて間もない段階は、仕事でのストレスに意識が逸れてしまうことも往々にして見受けられますので、その際は「あ、仕事のことを考えている自分がいるな」と大目に見てあげて、お酒や風景を楽しいと感じることができれば、いずれ「自分なりのOFF」を作ることができるでしょう。

意外と難しいマインドフルネスですが、おすすめですので実践してみてくださいね。

教員のストレスが深刻な場合は

以上「教員のストレスに関する原因と対策」についてご紹介させていただきました。

たなかくん
たなかくん
ストレスマネジメントは
トレーニングを積むことで
徐々に身に付くスキルです!

上記のストレスマネジメントですが、初めて間もない段階では思うように進めることができないかもしれませんが、繰り返しトレーニングを重ねていくことで、避けては通れない教員のストレスを上手くコントロールしていく良きアイテムなると考えています。

ただ、こうしたストレスは過度に蓄積されてしまうと、心身の健康に悪影響を及ぼし、場合によっては、うつ病や不安障害といった精神疾患にまで発展することがあります。

しかしながら、教員の多くは責任感や真面目な性格が先行してしまい

  • もっと頑張らないと
  • 自分は教員失格だ

といったように、かえって自分を追い込むような状況になることも往々にして見受けられることですので、上記の状況に該当する教員の方は特に注意が必要と言えるでしょう。

たなかくん
たなかくん
だからこそ
専門家といった外部機関を
活用してください。

冒頭でもご紹介させていただきましたが、教員のストレスは仕事柄、量・質ともに他の業界とは異なる性質をもっており、簡単には対処できない問題も多々あります。

ですので、こうした教員のストレスに悩むんでいることは決して悪いことではなく、むしろ子どもたちのことを考えた上で、取り組まれてきたからこそだと考えています。

現在、教員のストレスに苛まれており、心身の健康に何かしらの悪影響を及ぼしている方がいらっしゃいましたら、ぜひとも次のような外部機関を活用してみてください。

  • スクールカウンセラー
  • スクールソーシャルワーカー
  • 教育委員会指定の相談窓口
  • メンタルヘルス専門の産業医

詳しい内容につきましては、各教育委員会や公立学校共済組合のホームページなどに教員の実情に合わせた詳しい情報が記載されていますので、そちらをご覧ください。

子どもたちのために頑張る教員が一人でも多く輝けることを祈っています。

では、今回はここまで。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です