教師・教員の転職

教師・教員の人間関係が辛いと感じる原因と対処法を考えてみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

子どもの成長を支える学校教育。

その性質上、教員の人間関係は多岐にわたるものとなっています。

たなかくん
たなかくん
やりがいを感じる傍ら
ストレスになることも…。

確かに子どもたちの成長を願う者同士、日々のコミュニケーションにおいて信頼関係を構築しながら、成長に寄り添うことはやりがいを感じる一面であると考えています。

ただ、その反面、人間関係にトラブルが生じてしまいますと、心身を擦り減らしながら日々の教育活動に取り組まなければならず、とても辛い状況となることもあります。

そこで今回は「教員の人間関係が辛くなる原因と対処法を考えてみた」という題目のもと、教員の人間関係で悩んでいる方に向けて心理学を活用しながら、みなさんの精神的サポートや人間関係を円滑に進めるワザを提供することができれば嬉しく思います。

人間関係が辛くなる原因

まずは「教員の人間関係が辛くなる原因」について見ていきましょう。

ひよこ
ひよこ
そもそも教員のみなさんは
人間関係で悩んでいるのかな?

少し古い資料になりますが、こちらの資料をご覧ください。

人間関係の対象 ストレスを感じる人の割合
子ども 67.5%
保護者 56.6%
同僚 39.0%
上司 31.9%

平成24年度の「教職員のメンタルヘルスに関する調査」という資料になりますが、この資料によると「教員同士や保護者との人間関係」よりも「子どもたちとの人間関係」に対して、より多くの教員がストレスを感じていることが分かるかと思います。

ただ個人的な価値観になりますが、教員という仕事柄、子どもたちと接する機会も多くなるため、生徒指導や学習指導に対してストレスを感じている教員も多くなっていますが、一方で、教員の休職や離職に関係するような強いストレッサーとして影響を与えるのは、むしろ教員同士や保護者との人間関係によるものではないかと考えています。

ひよこ
ひよこ
どうして教員同士や保護者との
人間関係が深刻化するの?

これには次の3つの原因が関係していると考えています。

  1. 人間関係で悩む教員自身の特徴
  2. 教員との人間関係における特徴
  3. 保護者との人間関係における特徴

教員の人間関係における悩みも多岐にわたると考えていますが、今回は教員の心身の健康に多大なる影響を与えてくる教員や保護者との人間関係について、マクロな視点からスポットを当てていきたいと思います。

教員自身の特徴について

人間関係で悩んでいる教員自身の特徴について見ていきましょう。

個人的な価値観になりますが、教員の仕事で悩んでいる方の多くは

  • 責任感が強くて真面目
  • 優しくて思いやりがある
  • 教育に対する熱意がある

といった魅力的な特徴をもっているように感じています。

ただ上記の特徴ですが、教員という仕事の特殊性からか魅力的な特徴であっても、時として自分自身を苦しめてしまう可能性もあるのではないかと考えています。

例えば責任感が強く教育に対して熱意のある教員ですと、学級担任など一人で対応する場面の多い教員という仕事柄も相まって「迷惑をかけられない」という思いから、独りで責任感を抱えながら対応するため、ストレスをため込む傾向にあると感じています。

たなかくん
たなかくん
ただし
こうした状況になるのは
様々な問題が関係しています。

下記の「人間関係におけるストレスが深刻化しやすい原因」でも申し上げますが、魅力的な特徴をもつ教員が教職に対して辛さを感じてしまうのには、単に教員自身の特徴が影響しているのではなく、様々な問題が複雑に絡み合っているからだと推察しています。

また上記の悩みですが、決して一部の教員における問題ではなく、多くの教員が悩んでいる問題ですので、同じように悩んでいる教員もいることを、ぜひお含みおきください。

なので「自分は教員失格だ」と思わず、まずは自分を許してあげてくださいね。

教員との人間関係について

教員との人間関係における特徴について見ていきましょう。

教員との人間関係におけるストレスが深刻化する原因ですが、こちらを端的に表してみると「学校教育の特殊性」に集約され、さらに以下の3つの原因があると考えています。

  1. 権力が集中しやすい特殊性
  2. 全体の調和を重んじる特殊性
  3. 本音では語り合えない特殊性

では、少し個別に見ていきましょう。

権力が集中しやすい特殊性

まず「権力が集中しやすい特殊性」についてですが、そもそも教員という仕事は様々な年代やキャリアの方が同じ職場で働いているという性質をもっています。

これに年功序列制度や鍋蓋型組織という性質も相まって、教員という仕事は他の業界以上に「発言力や影響力といった権力が集中しやすい仕事」であると考えています。

たなかくん
たなかくん
これ自体は問題ないけれど
時として深刻化する
原因になることも…。

教員という仕事柄、教員同士でもリーダーシップを発揮できる環境を整えていくことが重要になってきますが、管理職やベテラン教員などに権力が集中してしまうと、立場の弱い教員が心ない言葉をかけられた際に、周りの教員も含めてサポートすることが難しくなるため、教員の人間関係におけるストレスが深刻化する可能性があると考えています。

全体の調和を重んじる特殊性

次に「全体の調和を重んじる特殊性」についてですが、教員という仕事は学校という組織で構成されていることから、学級担任であると共に、組織を支える一員として考えられているため「チームの連携」といった全体の調和を重んじる傾向にあります。

たなかくん
たなかくん
同様に必要な特殊性だけど
深刻化する原因になることも。

これには学校教育ならではの伝統主義も関係していますが、教員という仕事は全体の調和を重んじすぎるあまり、子どもたちのことを思ってとった行動が、時として他の教員から目の敵にされたり、煙たがられたりする場合があります。

また、こうした状況からか、同じ職場で働く教員も学校教育における問題に気づきながらも見て見ぬふりをしているため、責任感が強く教育に対して熱意のある教員ほど、その矛盾に対して強くストレスを感じ、心身の健康に影響を及ぼしていると考えています。

本音では語り合えない特殊性

最後に「本音では語り合えない特殊性」についてですが、意外にも教員という仕事は他人の価値観に対して意見を述べない傾向にあり、こと教育観については言いたいことがあっても言えない雰囲気が教育現場には蔓延しているように感じています。

たなかくん
たなかくん
各教員の思いを
尊重することはいいけれど
時として教員の人間関係に
影響を与えてくることも。

こうした状況からか、教員の多くは上司や同僚に対して、人間関係における悩みなど本音で語り合うような相談を持ち掛けにくい状況に陥っていると感じています。

また相談を受けた教員も本音で語り合うことを躊躇い、相談者のメンタルヘルスに配慮したアドバイスよりも、当たり障りのない指導方法といったアドバイスを送る傾向にあるため、教員の人間関係におけるストレスが深刻化しやすいのではないかと考えています。

保護者との人間関係について

保護者との人間関係における特徴について見ていきましょう。

保護者との人間関係におけるストレスが深刻化する原因には次の2つが考えられます。

  1. 保護者による子ども第一主義
  2. クレーム社会による影響

では、同じく個別に見ていきましょう。

保護者による子ども第一主義

さて、みなさんは「モンスターペアレント」という言葉をご存知でしょうか。

端的に「教員に対して無理難題な要求を押しつけてくる保護者」を示しています。

ひよこ
ひよこ
怒りという感情は
激しいエネルギーの塊だから
それだけでも疲れてしまう…。

先ほども申し上げましたが、教員の仕事で悩んでいる方の多くが真面目で思いやりのある方たちなので、こうしたモンスターペアレントのクレームに対して「自分の責任だ」と蔑んでしまい休職や離職に追い込まれるほどの辛さを抱えているように感じています。

本来は子どもたちの成長を共に支えて合っていく「良きパートナー」として信頼関係を構築していくはずですが、どうして上記のような深刻な状況に陥ってしまうのか。

たなかくん
たなかくん
その理由に子ども第一主義
という考え方があります。

文句を言いたいだけという常識外れの例外もありますが、基本的にモンスターペアレントの特徴しては「子どものことが可愛くて、子どものことしか考えられず、子どもの言うことを鵜吞みにしてしまう」という「子ども第一主義」があると考えています。

この特徴自体は上手く活用すると、クラスをまとめる頼もしいパートナーとして信頼関係を構築していくことができますが、ややもすると教員側の事情を考えられないほど、一方的なクレームへと繋がることもあるため、事態が深刻化する傾向にあります。

またモンスターペアレントによるクレームが届いた場合、教員自身も必死になっていることが多く、そうした状況でクレーム対応をしていると、かえって本来の業務に取り組むことができず、悪循環と言える状況に陥っていると感じています。

クレーム社会による影響

次に「クレーム社会による影響」について見ていきましょう。

先ほど、保護者との人間関係におけるストレスが深刻化する原因として「子ども第一主義」を掲げる保護者がモンスターペアレントになる場合があることを取り上げました。

ただ、こうした理不尽なクレームを押しつけてくるのには、子ども第一主義だけではなく、クレーム社会といった社会的な構造も影響しているのではないかと考えています。

たなかくん
たなかくん
キーワードは
クレームの容易化。

そもそもクレームとは「購入した商品に対して不満をもつ購入者が、購入先に対して問題点を指摘したり、意見を述べたりすること」を指しますが、SNSの普及により、社会に対して誰でも簡単に意見を述べることができるようになったことからクレームに対するハードルが低くなっているように感じています。

これまでの教育現場を振り返ってみますと、教員に対して保護者はどことなく見守っているような雰囲気で接していましたが、こうしたクレームに対するハードルが低くなったことにより、何か気になる点があれば「まず一言申し上げなければ」と考える保護者が急激に増加したことから、保護者との人間関係が複雑化しているのではと考えています。

このように保護者との人間関係ですが子ども第一主義やクレームの容易化により、時として教員の予想を上回る事態として複雑化する場合があり、保護者との人間関係における教員のストレスが深刻化する可能性があるため、見過ごせない問題と言えるでしょう。

人間関係を円滑に進めるワザ

ここまで「教員の人間関係が辛くなる原因」について見てきました。

ひよこ
ひよこ
深刻化する原因は
なんとなく分かったけど
どうすれば辛い感情を
和らげることができるかな?

教員の人間関係におけるストレスですが、先ほども申し上げたように、単に教員自身の特徴が影響しているのではなく、様々な問題が複雑に絡み合って深刻化しているため、相手側の変化を求めるよりも本人による対処が重要であると考えています。

そこで対処法についてですが、辛く感じたらケアをするようなストレスマネジメントという対処法の他に、そもそも教員の人間関係によるストレスが深刻化しないような予防的対策を講じることが重要になります。

たなかくん
たなかくん
そこで予防的対策として
人間関係を円滑に進めるワザを
ご紹介させていただきます!

そこでここからは、筆者も日々のコミュニケーションで活用しているアドラー心理学という心理学を参考にしながら人間関係を円滑に進めるワザをご紹介させていただきます。

アドラー心理学について

そもそもアドラー心理学とは、どのような心理学になるのでしょうか。

たなかくん
たなかくん
人間関係に役立つ
心理学として有名です!

「心理学の有名人」と言えば、高校の社会科で登場してくるフロイトやユングの名前を思い浮かべるかと思いますが、そんな彼らを含めて「心理学の3大巨頭」と呼ばれるアドラーという人物が人間関係に役立つとされるアドラー心理学を打ち立てました。

現代社会の自己啓発に大きな影響を与えた心理学とも言われおり、その内容も複雑なものとなっていますが、こと人間関係に役立つワザにスポットを当ててみますと、聴くことや話すことに関するスキルやナレッジが提唱されています。

なので以下では、アドラー心理学の聴くことや話すことに関するスキルやナレッジを参考にしながら、教員の人間関係によるストレスが深刻化しないようにするために、予防的な対策として活用できるワザについて、ご紹介させていただければと思います。

心の底にある感情を読み取る

改めて人間関係において辛いと感じる場面とは、どのような場面になるでしょうか。

  • 無視をされる
  • 悪口を言われる
  • 怒りをぶつけられる

このように辛いと感じる場面は人それぞれですので、一概には断定できませんが、おそらく多くの方が、意見の衝突の際に出会う怒りの感情に対して辛いと感じているのではないかと考えています。

たなかくん
たなかくん
ここで心理学の知識を
活用してみましょう!

そもそも心理学において、怒りの感情は人間関係による影響が最も強い感情となっており、怒りの根底には別の感情が潜んでいるとされています。

なので心理学では怒りの感情を「二次感情」と呼び、怒りの根底にある心配や不安といった感情を「一次感情」と呼んでいます。

こうした理論を参考にしてみますと、教員の人間関係において怒りの感情をぶつけられた際に、怒りの根底にある「一次感情」を読み取ることが重要になると考えています。

確かに怒りの感情をぶつけられた際は、一瞬ドキッとすることもあるかもしれませんが

  • 意見の衝突を避けることができる
  • 相手の意見を見抜くことができる
  • 感情の整理をすることができる

といったように「一次感情」を読み取る過程で様々な利点を得ることができます。

ひよこ
ひよこ
じゃあ、どうすれば
読み取ることができるの?

では、具体的に「一次感情」を読み取っていく方法についてです。

「結局のところ、相手は何を言いたかったのだろう」と考えるだけでも効果的なワザであると考えていますが、この他にも筆者が度々活用している「相手の発言内容を少しニュアンスを変えて繰り返し質問する」というワザがあります。

この「繰り返し」というワザですが、このワザを活用することで相手の伝えたかった情報をさらに入手することができ、また、自他ともに感情を整理する「間」を設けることができるため、怒りによる感情的な衝突を回避することができます。

今回のワザが、教員の人間関係におけるストレスが深刻化する全ての場面に活用できるワザではありませんか、深刻化を予防する対処法として役立つ場面も多いのではないかと感じていますので、ぜひ人間関係で悩んでいる教員の方は活用してみてください。

教員も心身の健康を大切に

「教員の人間関係が辛くなる原因と対処法」について見てきました。

たなかくん
たなかくん
学校教育の特徴である
閉鎖的な空間も
あわせて注意してください!

閉鎖的な空間というとネガティブなイメージとなってしまいますが、しばしば学校教育では学校組織内だけで教育活動が完結していると指摘されることがあります。

現在では「開かれた学校」を目指して、家庭や地域の連携に力を入れていますが、こうした閉鎖的なイメージは、時として教員の人間関係にも影響を与えてると考えています。

ひよこ
ひよこ
教員の人間関係は
どことなく圧迫感があるね…。

実際に、毎日の教育活動は学校組織内で完結することも多いため、多くの教員が職員室内の雰囲気に対して「狭く閉じられている」と感じているのではないでしょうか。

このような雰囲気も相まって教員の人間関係における悩みも解決しにくい傾向にあり、場合によっては「教員のいじめ」も陰湿化しやすい傾向にあると感じています。

たなかくん
たなかくん
そういった時こそ
外部に相談してください!

何度も申し上げるように、教員の多くは責任感が強く自分の力で問題を解決していく傾向にあるため、心身の健康を損ねてもセルフケアで対処しているように感じています。

確かに、日々のストレスマネジメントは心身の健康を維持していく上で重要となってきますが、うつ病といった深刻な状況にまで健康を損ねている場合は、教育委員会指定のメンタルヘルスに関する窓口にまで相談を持ち掛けることが重要になってくるでしょう。

なので現在、教員の人間関係で辛いと感じている方は、ぜひ一度ご活用ください。

子どもたちのために頑張る教員が一人でも多く輝けることを祈っています。

では、今回はここまで。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です