教育業界

教育業界の仕事内容を「2つの視点」から紹介してみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

教育業界には様々な教育的アプローチがあるため「教育業界に転職してみたいと考えているけれど、どの仕事にするか悩む」といった方も多いのではないでしょうか。

たなかくん
たなかくん
自分らしく働くために
仕事内容を知ることが重要。

教育業界を離職される方の中には「思っていた仕事と違った」という項目を挙げられる方も多くいらっしゃるため、自身の教育観やキャリアに合わせながら教育業界にある多種多様な仕事内容の中から、自分らしく働ける仕事を選ぶことが重要となります。

そこで今回は「教育業界の仕事内容」を具体例を交えつつご紹介させていただき、教育業界の転職を考えている方が、自身の教育観やキャリアに応じた仕事を選択できるようサポートすることができれば嬉しく思います。

教育業界の仕事の種類は多い

冒頭でもお伝えしましたように、教育業界には様々な教育的アプローチがあります。

  • 教える対象
  • 教える内容
  • 教える方法

まず「教える対象」についてですが、こちらは子どもや社会人が代表例になるでしょう。

次に「教える内容」ですが、子どもを対象にした場合、学校進度に沿った補習塾や受験対策が中心の進学塾、書道や英会話といった習い事が考えられ、社会人を対象にした場合、資格取得に向けたスクールやビジネスマナーなどの社員研修などが考えられます。

そして最後に「教える方法」についてですが、これまでオーソドックスとされてきた一人の講師に対して複数の生徒が受講する集団授業の他に、近年注目を集めているマンツーマンの個別指導やIT技術の発達により普及されてきた映像授業などが考えられます。

このように教育業界は「教える対象・内容・方法」で分類してみると、意外にも様々な仕事があることに気付くかと思います。

教育業界のもう1つの視点

ここまで「教える対象・内容・方法」を用いて教育業界の仕事について見てきました。

たなかくん
たなかくん
ただし教育業界の仕事は
「教える」だけではない。

確かに教育業界の仕事と言えば、まず「教える」を想像されると思います。

ただ、もう少し広い視野で考えてみると仕事内容はさらに増えていきます。

  • 教材開発
  • 教育出版

上記がその代表例です。

教材開発に着目してみると、英単語学習をサポートする教育アプリや自宅でスマートフォンを活用しながら受験対策の授業を受けることができる教材を開発するといった、教育業界の「教える仕事」をサポートする重要な仕事があります。

また教育出版も同様に、教育業界の「教える仕事」をサポートする役割を担っていますが、その例として教育現場で用いられている教科書や問題集、試験などで用いられる問題用紙や解答用紙などの出版物の編集や販売といった仕事が考えられます。

ひよこ
ひよこ
つまり教育業界の仕事には
教える側とサポートする側の
2つの視点があるんだね。

先ほど、教育業界の「教える仕事」の紹介の際に「対象・内容・方法」という分類を用いてご紹介させていただきましたが、これは教育業界の「サポートする仕事」でも同様に用いることができます。

そのように考えてみると、教育業界の仕事って本当に多種多様だと思いませんか。

教育業界の転職を考えている方は、自身の教育観やキャリアを用いながら、ぜひ今回ご紹介させていただいた「教える仕事とサポートする仕事」の2つの視点、「対象・内容・方法」の3つの分類法を用いて、自分らしく働ける教育現場を探してみてください。

大手予備校を参考に整理する

先ほど「2つの視点と3つの分類法」をご紹介させていただきましたが、実際に、教育業界の企業で働くとなると、もう少し細かく職種を分類することができるため「教育業界の縮図」とも言える大手予備校の仕事内容を具体例としてご紹介させていただきます。

幾つかの大手予備校を参考にしてみますと、次の職種が代表的なものとなります。

  1. 生徒指導(クラス担任)
  2. 教科指導
  3. 校舎マネジメント
  4. 教務
  5. 企画
  6. 営業
  7. 教育出版
  8. 模擬試験
  9. 情報システム開発
  10. 教育研究
  11. 総務・人事・経理・広報

さて、気になる職種はありましたか。

予想外と感じる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、基本的に上記の2つ以外については子どもと直接かかわる機会が少ない仕事内容となるため注意が必要です。

しかし、教務が授業のカリキュラム(指導内容や時間割)を作成したり、営業が近隣高校へ教育サービスの提案を行ったり、教育出版が予備校内で使用する教科書や一般向けの参考書を編集・作成したりすることは、間接的ではありますが多くの子どもたちの人生をサポートする仕事となるため、やりがいを感じる仕事だと言われています。

今後ColorfulEducationでも、各職種の詳しい解説や適性について、ご紹介することができればと考えていますが、教育業界の転職を考えている方で「どの仕事にするか悩んでいる」場合は、まず大手予備校の職種から探してみると方向性を見出せるかもしれません。

自分に合った仕事の選択を

教育業界の転職を考えている方でも

  • 初めて教育業界にかかわる方
  • 公教育で働いている方
  • 民間教育で働いている方

その背景は様々だと思われます。

特に上記の2つに該当される方は、初めて見つけた仕事もあるかもしれません。

その時こそチャンスです。

今まで気が付かなかった新たな教育的アプローチに触れてみることで、これまで曖昧だった教育観をより具体的なものへとブラッシュアップすることができるかもしれませんし、場合によっては、自分に合った教育現場を見つけることができるかもしれません。

多種多様な仕事がある教育業界だからこそ、こうした仕事内容に関する情報を入手し、自身で考える時間を設けることで、自分らしく働ける教育現場に出会えると考えています。

新しい発見と素敵な教育現場に出会えることを応援しています。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です