教育業界

教育業界の課題から今後の方向性について考察してみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

教育業界へ転職を考えられている方で「自身の志望する業界が安定した業界なのかどうか」と不安にされている方も多いのではないでしょうか。

たなかくん
たなかくん
そこで多くの方々は
業界の安定性を調べるために
業界の現状や課題について調べ
将来性を分析されているのではと考えています。

こうした教育業界の分析などを通して、現在の教育業界では少子化の影響により、各企業が顧客獲得に向けて躍起になっている状況を知り、将来の見通しをもつことができず、転職に対してさらに不安感を抱かれている方も多くいらっしゃると推測しています。

そこで今回は「教育業界の現状や課題」をご紹介していき、教育業界の将来性について分析していくと共に、あわせて教育業界への転職を考えられている方が「今後、自身は教育業界でどのような方向性で働いていくか」について考えるヒントとなれば幸いです。

教育業界の現状と課題

現在の教育業界は変化の過程にあります。

たなかくん
たなかくん
その変化を端的に表すと
教育サービスの多様化。

従来の教育業界は受験対策の進学塾など集団型の指導スタイルが主流となっていましたが、現在は、子どもたち一人ひとりのニーズに応じた個別型の指導スタイルやインターネットの普及に伴い時間や場所を問わない映像型の指導スタイルへとシフトしています。

また教育の対象も子どもだけではなく、キャリアアップや社員研修などを目的とした社会人を対象にした教育も行われるようになっています。

このように指導スタイルや教育対象などを拡大していき、多角的な教育サービスを提供することが可能になってきていますが、今後さらなる変化が求められています。

  • 少子化
  • 情報化社会
  • グローバル化社会
  • 2020年度教育改革

日本は1973年を最後に出生数は減少傾向にあります。

そのため今後も少子化の流れが続くと予想され、教育業界の主たる顧客である子どもたちの減少に伴い、企業間での顧客獲得に向けた競争が行われると考えられています。

実際、少子化により、大手予備校の事業縮小や大手学習塾による中小塾の買収、教育業界の企業間での業務提携といった業界再編の動きも見受けられるようになってきています。

また情報化社会により従来の塾講師によるライブ授業ではなく、有名講師の授業を録画した映像コンテンツを提供することが可能になったり、グローバル化社会により小学生の頃から英語教育を必修化させたりと、こちらも教育業界に影響を与えています。

たなかくん
たなかくん
ですが影響力が最も大きいのは
2020年教育改革でしょう。

従来のセンター試験が廃止され、新たに大学入学共通テストが行われることが目玉となっている2020年教育改革ですが、あわせて、学校教育の指導方針を記す学習指導要領の改訂も、この改革の注目ポイントとなります。

ひよこ
ひよこ
これが教育業界に
どう影響してくるの?

これまでの教育は、みなさんご存知の通り、覚えなければならない知識を暗記し、それぞれの受験に向けて対策していくことが基本となっていました。

しかし、今後の教育は違います。

情報化社会やグローバル化社会による社会の激しい変化により、将来の見通しがもちづらくなったことから、子どもたちの「自ら課題を見出し、周囲と協力して解決する力」を育んでいく必要性が今後の教育業界に求められています。

ただ、こうした「考える力」をどのように育てていくのかについては、どの教育機関も現在のところ具体的な案を見出せていないため、今後の重要課題であると言えそうです。

教育業界の将来性

教育業界を志望される方の中には安定性を求められている方もいらっしゃるでしょう。

実際のところ2000年代の不況期でも企業間に差はありますが、売上推移が右肩上がりを示すなど、教育業界は不況といった外的要因の影響を受けにくい業界になります。

ひよこ
ひよこ
それなら安心して
教育業界で働けるね。

ところが幾つかの課題があります。

  • 教育改革による不安定さ
  • 業界再編による不安定さ
  • IT技術の導入による不安定さ

このような不安定さがあるため、将来性については少し考える必要性があります。

先ほどご紹介した、2020年教育改革について考えてみますと、従来は知識・技能といった項目に着目した教育が主流でしたが、今後は思考力・判断力・表現力という評価のしづらい項目にスポットをあてて指導していく必要性が求められています。

そのため教育者自身にもこうした能力が求められることから、教育業界全体で新たな人材の確保や育成が必須となり、教育業界を志望されている方にも、その負担は重くのしかかってくるのではないでしょうか。

また既にIT技術を教育サービスに上手く取り込むことができている企業は問題ありませんが、これからIT技術を導入しようと考えいる企業は、その導入費や人材育成に不安定さを抱えることは否めないため、転職者としては不安材料になるかもしれません。

ひよこ
ひよこ
安定した側面もあるけれど
不安定な部分もあることを
認識しておくと良いんだね。

「教育費は聖域」という言葉もあるように、今後しばらくの間は教育業界全体を見てみると安定した業界だと言えます。

しかし、先ほどご紹介した不安定さを鑑みると、将来的には今まで以上に企業間での競争が激しくなり、多様な教育的ニーズに応えるオリジナルの教育サービスを提供することができない企業は淘汰されていく流れになるのではないでしょうか。

転職では自分なりの教育観を

ここまで教育業界の現状や課題、将来性についてご紹介させていただきました。

指導スタイルや教育対象などの拡大、またIT技術などの導入により教育サービスの多様化が行われてきましたが、今後も新たな教育課題を乗り越えていく中で、さらなる教育サービスの開発が行われていくと考えています。

ひよこ
ひよこ
それじゃあ教育者が提供できる
サービスの幅も広がるね。

しかし、提供できるサービスの幅が広がれば対象となる顧客の幅も広がってくるため、これまで以上に教育者が子どもたちをはじめとする顧客のニーズを的確に読み取っていき、教育サービスを提供していく必要があるでしょう。

ひよこ
ひよこ
転職者としては
不安が募る状況だね。

そこで必要なのが教育観。

「どのような人にどのような物事を教えていきたいか」という教育観をもつことで、多様化していくであろう教育対象や教育的ニーズ、教育サービスの方針を定めていくことができるため、自分のキャリアを活かした魅力を発揮することができるでしょう。

たなかくん
たなかくん
キャリアを活かしたの魅力は
今後一緒に探してみましょう。

IT技術の導入ですが、とどのつまりツールでしかありません。

言い換えれば、どれだけ教育サービスが多様化しようとも重要になってくるのは、教育者を目指しているみなさんです。

だからこそ今は確固たるものは見出せないかもしれませんが、みなさんがこれまで経験してきたキャリアを思い出しながら「自分は教育業界でどのような人を対象にどのような物事を教えていこうかな」と考え、転職活動の間に少しずつ教育観を育んでみてください。

ColorfulEducationでも、みなさんが教育観を育んでいくサポートとなるコンテンツを作成して参りますので、自分らしく教育業界で働けるように頑張っていきましょう。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です