教育業界

教育業界が求める人材を絶対に必要な3つの特徴に分類してみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

仕事をチェンジするにあたり、各業界の求める人材は気になるポイント。

各業界でどのような人材が求められているかを事前に把握することができれば

  • 業界の適性が見えてくる
  • 業界に必要なスキルが分かる
  • 志望動機を書くヒントになる

といった利点を得ることができます。

これから仕事をチェンジしていくのであれば、就職活動とは違い「個人単位」で選考をこなしていくことになります。そのため教育業界、それに属する企業における人材像をチェックし、より的確なアピールを行うことが必要となるでしょう。

そこで今回は「教育業界が求める人材」についてご紹介することで、教育業界で働きたいと考えている人が「教育業界で求められる適性やスキルにどのようなものがあるか」をチェックし、あわせて「志望動機を書くヒント」として活用していただければ幸いです。

教育業界は変化の時代にある

教育業界で求められる人材を紹介する前に、少し教育業界について見ていきましょう。

そもそも教育業界ですが、基本的に「社会の変化に対応すること」が重要となります。

例えば現代社会に着目してみますと

  • グローバル化社会
  • 情報化社会
  • 少子化

などの変化の激しい時代にあり、小学校の英語教育をはじめとする語学教育の活発化や教育現場でのICT機器の導入、少子化による業界再編が教育業界では行われています。

そして教育業界は東京オリンピックが開かれる2020年を機に大きな変化を迎えます。

大学入学共通テストといった大学入試改革をはじめとする2020年教育改革

変化の激しい時代を迎え、より一層「生きる力」を育む必要性が求められています。

それに合わせて教育業界でも、従来の知識を問う試験内容から身に着けた知識をどのように活用していくのか、いわゆる「考える力」が重要視されています。

たなかくん
たなかくん
それが大学入試共通テスト!
記述式の問題も設置され
思考力を問う問題も出題されていきます!

先ほどのグローバル化社会や情報化社会に対応している過程ですが、この2020年教育改革に対応していくことが今後の教育業界では必須になると考えられています。

ですが社会の変化に対応する傍ら、教育業界には「不変の価値観」もあります。

たなかくん
たなかくん
「思いやりの心」がその例。

ですので、教育業界では「社会の変化に対応して求められるもの」もあれば、その一方で、「どの時代でも求められるもの」もあることを、ぜひともお含みおきください。

教育業界が求める3つの特徴

それでは「教育業界で求められる人材」について見ていきましょう。

今回ですが「教育業界で必要とされる人材」を細かく分類していき、その結果「教育業界で働いていく上で必要とされるであろう特徴」について整理してみました。

ただし今回は先ほどご紹介させていただいた「社会の変化に対応して求められるもの」ではなく「どの時代でも求められるもの」について着目していきたいと思います。

常に自分の頭で考える人

2020年以降、子どもたちの「考える力」を育むことが必要になるため、この特徴は教育者にも重要な項目になってくるでしょう。

ですが、それだけではありません。

たなかくん
たなかくん
教育業界は失敗の連続。

教育業界では「過去の事例をそのまま活用することができない」と言われています。

子どもたち一人ひとりの個性や生育歴が異なるため、同じ指導法が通用しないことから言われているのですが、そうした状況の中で、教育者は「なぜ上手くいかなかったのか」と自ら多面的・多角的に考えることが重要になっていきます。

ビジネス業界でもPDCAサイクルという考え方が重要視されていますが、日々成長していく子どもたちを相手にする教育業界では、常に自分の頭で考えることが大切です。

傾聴や共感の姿勢がある人

教育業界における「不変的なもの」の1つに「思いやりの心」があると考えています。

大学では教育学の他に心理学を専攻していましたが、こうした「思いやりの心」を基にしたテクニックの1つに「傾聴・共感の姿勢」というものがあります。

たなかくん
たなかくん
自分の意見を伝える前に
相手の話を聴くこと!

教育業界では、子どもたちをはじめとする顧客のニーズを的確に読み取り、円滑なコミュニケーションを通じて信頼関係(ラポール)を形成することが重要になっていきます。

その際に、教育者としてありがちなのが「早く教えたい」という気持ちが抑えきれず、顧客のニーズを読み取る前に教えしまうことがあります。

ですので教育業界では、まず子どもたちが何を求めているのか傾聴し、そして子どもたちのニーズに対して共感する姿勢(なるほどの精神)が重要になると考えています。

たなかくん
たなかくん
また傾聴・共感の姿勢は
ストレスマネジメントにも役立ちます!

教育業界はその性質上、人間関係でのトラブルが多くなりやすい業界でもあります。

  • 自分の意見が通じない
  • 価値観を押し付けられた

など時として自分の想定していなかった場面に遭遇することも考えられるでしょう。

そういった時こそ出番です。

その場では怒りや悲しみで一杯になって大丈夫ですし、むしろ「今は悲しい自分がいる」と認めながら一呼吸置くことで、心理的にもゆとりを確保することができます。

その後で「なんで、あの人はそんなこと言うんだろう」と共感の姿勢で考えてみることで、意外にも新たな発見を手に入れたり、割り切ることができたりします。

もし、ここで初めて知ったという方がいらっしゃれば、ぜひ活用してみてください。

教育業界でも役立つスキルになります。

教えることが好きな人

最後はこちらです。

たなかくん
たなかくん
これは教育者として
必須の特徴でしょう!

ただ大勢の前でプレゼンテーションをしたことがない方は不安になるかもしれません。

大丈夫です。

筆者が大学3年生の頃の話になりますが、初めて小学生30人を相手に授業をした際は、緊張のあまり授業前に何度もトイレに駆け込んだ経験があります。

ただ教育業界では、こうした集団を前に行うプレゼンテーションよりも、まず何より「相手に教えることが好きだ」、「自分のもつスキルやナレッジ、価値観を伝えたい」という特徴が必要だと思っています。

そしてこの「教えたい、伝えたい、広めたい」という気持ちこそが、教育業界で働いていく上で、かけがえのないモチベーション維持のツールになると思っています。

自己分析も進めていこう!

以上、「教育業界で求められる人材」について、「どの時代でも必要とされる特徴」を軸にご紹介させていただきました。

たなかくん
たなかくん
今の時代だからこそ
求められるものもあります!

今回は「どの時代でも求められる特徴」、言い換えると「教育業界全体で必要とされる不変的な特徴」について見てきました。

冒頭でもご紹介させていただた通り、現在はグローバル化や情報化社会による影響を受け、教育業界全体で従来とは異なるスキルやナレッジが求められています。

  • 英語をはじめとする語学力
  • プログラミング能力

教育業界は多様性にあふれた業界です。

教育業界を志望しているけれど、大勢の前で話すのは無理、コミュニケーションをとるのは苦手など、個々人で「適性じゃないかも」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

教育業界には

  • 学校事務
  • 教育出版
  • 教材開発
  • システム開発

といった少し視点を変えて教育業界に携わることができる仕事もあります。

たなかくん
たなかくん
それこそ個人のスキルが
発揮される可能性あり!

せっかく教育業界で働くからには、自分らしく働けるところがいいに決まっています。

ですので「今回の特徴や教育業界で活かすことができるスキルはないか」など、改めて自己分析を行い、企業選びのポイントや志望動機の作成に役立ていただければ幸いです。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です