教育業界

教育業界がブラックだと感じる4つのポイントについて紹介してみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

長時間労働やサービス残業などブラック企業が多いと言われている教育業界。

実際、教育業界に就職した新卒者の約半数が3年以内に離職するデータもあります。

ひよこ
ひよこ
教育業界で働いてみたいけど
ブラック企業が多いと不安。

確かに、教育業界の特徴から「厳しい労働環境」と言わざるを得ない部分もあります。

しかし、こうした「厳しい労働環境」は教育サービスを提供していく上で、致し方無い部分もあるため、だからこそ教育サービスを提供する多くの企業は、教育者が働きやすいように充実したサポート体制を整えています。

なので、まずは「教育業界はブラック企業ばかりではない」ということをご理解いただき、教育業界への転職に対する不安感を少しでも取り除いていただければと思います。

その上で、今回は「教育業界がブラックだと感じる4つのポイント」についてご紹介させていただき、教育業界の転職を考えている方が「教育業界のブラックポイント」を予め知っておくことで、転職活動における企業選びのポイントとなれば嬉しく思います。

たなかくん
たなかくん
ブラック企業で悩んでいる人
ぜひ参考にしてください。

また現在、教育業界で働かれている方で「自分はブラック企業で働いているかもしれない」と感じている方は、ぜひ今回の記事を参考にしていただき、ご自身の心身の状態に応じて、場合によっては転職という選択も視野に考えていただければ幸いです。

教育業界のブラックポイント

冒頭でもお伝えしましたように、教育業界には独自の「厳しい労働環境」があります。

当然、それに対して各企業は充実したサポート体制を整備しようと努めているわけですが、これから教育業界を志望される方も、ある程度「こうした厳しい労働環境があるんだな」とある種の覚悟を持って転職活動に臨んでいただければと思っています。

しかし、こうした「厳しい労働環境」の中にも企業がサポートできる環境もあるため、教育業界の転職を希望されている方は、こうしたサポート体制の整備を怠る企業に出くわさないためにも、以下には「教育業界ならではの厳しさ」と「ブラックポイント」についてご紹介させていただきます。

たなかくん
たなかくん
今回ご紹介する
4つのポイントはこちら。
  1. 長時間労働問題
  2. 人間関係トラブル問題
  3. 研修制度問題
  4. 売り上げノルマ問題

それでは見ていきましょう。

教育は多岐にわたる

一口に「教育」と言えども、その定義は多岐にわたると考えています。

おそらく、その代表となるものは公教育と民間教育だと思います。

ただ、これ以外にも生涯教育や社会教育なども「教育」として考えられています。

今回の記事では上記の中でも民間教育に着目して記載していきたいと思います。

長時間労働問題

長時間労働とサービス残業

教育業界に関する情報を集めている過程で、必ず目にする項目ではないでしょうか。

たなかくん
たなかくん
教育業界の性質上
「繁忙期」は本当に忙しい。

各企業の提供する教育サービスに応じて、繁忙期の時期や内容は異なってきますが、子どもを対象とした学習塾や予備校の場合、基本的には4月スタートになるため、それ以前の3月は生徒獲得や新学期に向けた準備、あわせて前年度の受験生対応などに追われるため、実労働時間内に終わらず、数時間の残業をすることがあります。

また、急な生徒面談や保護者対応、初めて取り扱う授業内容とった「予想外の状況」に遭遇した際は、その準備や対応が必要となるため長時間労働になる場合もあるでしょう。

ただし、これは致し方無い部分。

たなかくん
たなかくん
ブラックポイントとなるのは
そうした労働環境における
サポートがあるか否か。

中小塾に多く見られる問題ですが、勤怠管理が疎かで休憩時間も曖昧なことが多く、挙句の果てには残業代が支払われないこともあるので注意が必要です。

また「みなし残業(固定残業代制度)」というシステムを採用している企業もありますが、そうしたサポートがある場合でも、往々にして残業代を超えた時間外労働をすることもあり得ますので、転職活動の際には十分に気をつけてください。

人間関係トラブル問題

人間関係のトラブル

教育業界が人とかかわるサービスを提供する以上、子どもや保護者など、顧客との人間関係トラブルは避けては通れないものです。

しかし、子どもや保護者との人間関係トラブルは教育学や心理学のテクニックを駆使して、「同じ成長を願う者」として、傾聴や共感の姿勢を忘れず寄り添っていくことができれば、徐々に信頼関係も構築できるため、厳しい労働環境と感じるかもしれませんが、一方で多くの教育者がやりがいに感じている部分でもあります。

ただし、これは致し方無い部分。

たなかくん
たなかくん
企業内での人間関係トラブルは
ブラックポイントとなります。

教育業界はその性質上、個人の価値観が重要視される傾向にあるため、その会社で「良しとされている価値観」以外を主張した場合、パワハラなどを受ける可能性があります。

また企業の口コミでも、企業内のパワハラやセクハラが黙認されている教育現場もあるとの情報を見かけたこともあるため、企業内の人間関係には注意が必要です。

中小塾などでは、塾長の権力が強いワンマン経営も往々にして見受けられることから、自身の居場所がないと感じ、心身に悪影響を及ぼしている場合は早急の対応が必要ですし、教育業界を志望される方は、企業形態や社内の人間関係についてはお気を付けください。

研修制度問題

実は最大の問題かもしれない研修制度。

先ほどもお伝えしましたが、教育業界は基本的に4月から教育サービスが始まります。

また教育業界には

  • 悩める人材不足
  • 成長には実践あるのみ

といった背景から教育業界未経験であってもすぐに現場に赴く可能性があります。

ただし、これは致し方無い部分。

たなかくん
たなかくん
十分な研修がないまま
強引に現場で働かせるのは
非常にナンセンスな話です。

確かに、教育業界は深刻な人手不足が問題となっているため、人材育成に充てる人手が足りない教育機関も往々にして見受けられますが、それは教育者が悪いわけではなく、経営者が問題とされる部分です。

そうした状況でも、優良企業とされる企業の多くは一人の新人に対して一人の先輩を充てるパターンが多く、仕事に対する相談や助言も逐一行われていることから、現場に入る時期や研修といったサポート体制がどのようなシステムになっているのか、転職活動の際は入念にチェックしてみてください。

売り上げノルマ問題

公教育は関係のない話になりますが、塾・予備校業界をはじめとする民間企業については、その性質上、利潤、言い換えると売り上げが重要になってきます。

実際に筆者が勤めていた塾や予備校でも一定数の目標を掲げて運営が行われていましたし、その企業に従事する教育者も目標に向けた教育サービス向上に力を入れていました。

確かに、教育者として「生徒の成長を第一に教育サービスを提供していく方がいい」という声も耳にしますが、教育サービスを提供する民間企業である以上、場合によっては、顧客のニーズにそぐわない教育サービスの提案を行う場合もあるため注意が必要です。

ただし、これは致し方無い部分。

問題となってくるのは、売り上げが給与面に影響を与える場合です。

目標数としていた生徒を獲得することができれなければ、その責任を負うために給与を減額されるパターンもありますし、驚きだったのが、生徒からの満足度に応じて給与を決定していくパターンも耳にしたことがあるため、社内制度には十分お気を付けください。

企業のサポート体制を知る

さて、ここまで「教育業界がブラックだと感じる4つのポイント」をご紹介しました。

実際に初めて耳にするようなポイントもあったのではないでしょうか。

確かに教育業界には「この業界ならではの厳しさ」もたくさんあります。

ただ、それも少し視野を変えますと教育業界ならではの魅力となる場合もあります。

だからこそ、教育業界への転職を考えている方には、今回ご紹介させていただいたブラックポイントに出会うことなく自分らしく働ける場所を見つけてほしいと考えています。

そのため転職活動の際には求人検索や面接選考のタイミングを活用して、それぞれの企業におけるサポート体制について確認しておくといいかと思います。

新しい教育現場で笑顔あふれる素敵な教育者になれるよう応援しています。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です