転職ノウハウ

【転職ノウハウ】転職サイトの仕組みや利用方法のまとめ!

教育系ライター「たなかくん」です。

転職先の候補を検索するにあたり、欠かすことのできない求人検索。

この求人検索につきましても、多岐にわたる媒体が確立されており

  • 新聞広告
  • 求人情報誌
  • ハローワーク

などは従来から利用されている有名なものとなります。

たなかくん
たなかくん
近年では転職サイトも
有名な検索媒体となります!

これは転職希望者に向けて膨大な求人情報を掲載しているサイトのことであり、従来の求人情報誌と同じく転職者自身で希望と合致する求人に応募していくものとなります。

また転職サイトは基本的に無料で利用できることから、サイトの登録を必要としているにもかかわらず、多くの転職者が利用している人気の転職サービスと言われています。

ひよこ
ひよこ
でも初めての転職だから
いろいろ分かんないよ…。

確かに多くの転職者が利用している人気の転職サービスと言えども、初めての転職者の場合ですと、いざ転職サイトを利用してみようと考えてみても

  • 本当に無料で利用できるの?
  • 希望に合う求人に出会えるの?
  • 利用する際の注意ポイントは?

など気になるポイントも多々あることかと思います。

そこで今回は「転職サイトの仕組みや利用方法」について紹介させていただき、転職サイトの利用に不安を感じている転職者のみなさんが転職サイトに関する基本的な情報を把握していくことで、円滑な求人検索に繋げることができれば嬉しく思います。

転職サイトの仕組み

前述のように、基本的に転職サイトは無料で利用することができます。

ひよこ
ひよこ
本当に無料で利用できるの?

おそらく初めて転職サイトを利用する場合ですと、上記のような利便性ゆえに

  • 本当に無料で利用できるの?
  • 手数料を取られたりしないの?

など不安を感じることもあるかと思います。

ただ、この転職サイトにつきましても、決してボランティアとして運営されているものではなく、良くも悪くも一種のビジネスとして運営されているものとなります。

たなかくん
たなかくん
転職サイトは企業から
お金を頂いています!

その一例として転職サイトには広告掲載型というビジネスモデルがあり、これは求人情報の掲載を依頼する企業から掲載料を頂くことで収益を上げる運営方法となります。

ですので転職サイトは転職者から運営費を回収する必要がなくなるため、基本的に転職者は手数料を支払うことなく転職サイトを利用することができるようになっています。

なので、もしも希望と合致する転職先を調べていくにあたり、転職サイトを利用してみようと考えているならば、安心して転職サイトを利用していただければと思います。

たなかくん
たなかくん
ただし無料利用ゆえの
注意ポイントもあります!

こうしたビジネスモデルを取り入れている転職サイトも、ある意味ではブラック企業と密接な関係を築きやすくなることから、求人検索の際には注意が必要と言われています。

これはブラック企業の特徴でもある離職率の高さにより、常に新たな人材を必要としていることから、恒常的に求人を掲載しなければならない、言い換えますと、転職サイトにとってブラック企業は安定した顧客になることが関係していると考えられています。

そのため仮に転職者にとって不利と思われる求人であっても、それを容認してしまうこともあり、場合によっては、ブラック求人が紛れ込んでしまうこともあるのです。

なので、これから転職サイトを利用してみようと考えているならば、たとえ膨大な求人数を誇る大手転職サイトであっても、ブラック求人が含まれている可能性もあるかもしれませんので、転職サイトを利用する際には注意していただければと思います。

転職サイトの利用方法

では、転職サイトの利用方法について見ていきましょう。

基本的に転職サイトにつきましては、求人検索や企業選定で利用することになります。

ただ転職を決意したり、転職の目標を明確にしたりするために転職サイトの求人情報を利用することもあるため、意外にも転職サイトの利用範囲は広めであると言えるでしょう。

また転職サイトの利用にあたっては、転職の手順を押さえておくことで効率よく進められるかと思いますので、改めて転職の手順について確認しておくといいでしょう。

転職サイトを選ぶポイント

転職サイトを利用するにあたり、まずは登録を進めていくことになります。

ひよこ
ひよこ
転職サイトはたくさんあるけど
どれを選べばいいんだろう…。

一口に転職サイトと言えども、その種類は多岐にわたっており、大手企業から中小企業まで様々な特徴を兼ね備えた転職サイトがネット上に幾つも存在しています。

そのため、転職者のみなさんは自身のキャリアや転職の目標を明確にしつつ、多岐にわたる転職サイトの特徴と照らし合わせながら登録を進めていくことが重要となります。

登録する転職サイトの数につきましては、基本的に3つ程度の登録を目安としており、こちらも転職者の状況と照らし合わせながら、その数を調整していくといいかと思います。

そもそも転職サイトを掛け持ちするメリットとしては

  • 各転職サイトで求人に差があるため希望の求人に出会える確率が高まる
  • スカウト機能(下記のコラムにて記載)でスカウトされる確率が高まる

などが挙げられるでしょう。

ですので、転職者のみなさんは転職に充てられる時間に注意しつつ、自分自身の状況を鑑みながら、3つ程度を目安に転職サイトを模索し登録していくといいかと思います。

また登録する際には、プライバシー保護の観点から会社のメールアドレスは避け、Gmailをはじめとするフリーメールアドレスで登録しておくと安心できるでしょう。

たなかくん
たなかくん
下記のポイントに注意して
転職サイトを選んでみよう!

実際に登録する転職サイトを吟味するとなれば、次の項目に注意してみましょう。

  • 求人数の数について
  • 求人の種類について
  • 機能面の充実度について

求人数につきましては、大手転職サイトですと約5000件以上の求人数を取り揃えていることから、大手転職サイトを1つでも選んでおくと大丈夫だと思います。

ただ求人数は安心と言えども、転職者のみなさんが希望する業種や職種に合うような求人を取り扱っていない転職サイトですと、せっかくの登録も無意味となってしまいます。

そのため転職サイトの吟味にあたって、まずは転職サイトが取り扱っている求人の数や種類に着目しながら、転職者自身の状況とマッチしているのか確認してみてください。

また機能面の充実度については下記にもありますように、絞り込み検索やスカウト機能など幾つかのポイントがありますので、ぜひチェックしていただければと思います。

転職サイト利用の注意ポイント

転職サイトの登録を済ませたら、実際に転職サイトを利用していきましょう。

たなかくん
たなかくん
転職者の希望に合わせて
求人を検索してみよう!

転職サイトの多くはトップページに検索画面が設置されているかと思います。

まずは先ほども申し上げましたように、転職の目標や転職の希望条件を明確にするためにも転職者のみなさんが興味を感じている業界を軸に求人を検索していきましょう。

ただ転職サイトの多くは絞り込み機能として

  • 職種
  • 業種
  • 年収
  • 勤務地
  • 雇用形態
  • 会社の特徴

など多種多様な項目を取り揃えていますので、迷ってしまうこともあるかと思います。

そのため求人検索の利用にあたっては職種と勤務地のみで検索をかけてみるなど、やや範囲を広く設定しながら、少しずつ条件を絞り込むと円滑に進められると考えています。

そして、もし興味を感じるような求人を発見しましたら、希望通りの求人かどうか求人詳細を確認しつつ、場合によっては希望する企業に応募してみるといいでしょう。

たなかくん
たなかくん
求人検索にあたっては
効率化を大切にしましょう!

「転職活動は時間との勝負」になりますので、先ほどの検索条件に気を配るのと同じように求人検索にあたっては、検索作業の効率化を意識して進めてみてください。

その一例に転職サイトの更新日があります。

転職サイトも求人の依頼があれば、その都度、求人情報を記載しているわけではなく、転職サイトの更新日を設け、そのタイミングごとに求人情報をアップしています。

ですので、求人検索と同時並行で進めなければならない職務経歴書などの書類作成に支障をきたさないためにも、更新日を確認しながら、同じような作業を繰り返さないようにすると効率よく転職活動を進めることができるでしょう。

また転職サイトによっては転職者のみなさんに役立つ情報として、転職ノウハウを記載している転職サイトもありますので、あわせて活用してみるといいかもしれません。

初めての転職者の場合ですと、気になるポイントも多くなることから、常に情報収集を行うことになるかと思いますので、同じく作業の効率化を図るためにも、転職サイトにある情報は最大限利用していきましょう。

たなかくん
たなかくん
ブラック求人には注意です!

先ほども申し上げましたように、大手転職サイトと言えども、一定数のブラック求人が紛れ込んでいるこもありますので、求人検索の際には注意が必要となります。

ブラック求人の内容には「未経験者歓迎」や「実力主義」などの美辞麗句を並べ、転職者の心を揺さぶろうとするなど、ブラック企業は人材確保に躍起になっています。

ただ、こうした求人内容も裏を返せば「人手不足」や「不安定な給与」と捉えることもできますので、こうした内容を鵜吞みにするのは時期尚早と言えるかもしれません。

そのため転職者のみなさんは「これはブラック企業かもしれない」と感じる場合には、転職サイトに載せられている求人情報とあわせて、ネットの評判も加味しつつ判断を進めていきますと、ブラック求人への応募を回避できる確率も高まるかと思います。

スカウト機能を活用しよう!

転職サイトの機能には「スカウト機能」と呼ばれるものも存在しています。

これは転職サイトの利用に際して登録した転職者のみなさんの情報を基に、求人を依頼している企業から面接のお誘いなど「オファー」が届くシステムとなります。

(※この「スカウト機能」や「オファー」の名称は転職サイトによって異なります。)

ただ、こうした機能も転職者の能力を基に行われることになりますので、通常の選考と同様に履歴書や職務経歴書に関するような情報を記載することになります。

しかし、こうした登録の手間はかかるものの、転職者のみなさんの情報を登録しておくだけで、希望と合致する企業に出会えるかもしれませんので侮ることはできません。

また実際に届いた「オファー」に応募せずとも、こうした機能を利用するだけで、転職者のみなさんの転職業界における価値を把握する便利なアイテムにもなりますので、転職サイトを利用する際には、ぜひ登録してみるのもいいかと思います。

転職エージェントとの比較

ここまで「転職サイトの利用方法」について紹介してきました。

たなかくん
たなかくん
転職エージェントの利用も
人気の手法となります!

転職業界では上記のような求人情報を掲載している転職サイト以外にも、転職エージェントと呼ばれる求人検索媒体もあり、転職者の間で人気の手法となっています。

これは転職サイトとは大きく異なり、転職の専門であるキャリアアドバイザーから希望する条件に合致するような求人を紹介してもらい、あわせてキャリアアドバイザーによる手厚い支援を受けながら転職活動を進めることができるサービスとなります。

ただ初めての転職者の場合ですと、転職サイトも転職エージェントも人気を集めていることから、どちらを選択すればいいか迷ってしまうこともあるかと思います。

そのため下記では両者のメリット・デメリットについてまとめています。

(※転職エージェントも同様に無料で利用することができます。)

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトのメリットは次のようなポイントが挙げられるでしょう。

  • 膨大な求人情報を転職者自身で検索できる
  • 時間をかけて興味のある求人を検討できる
  • スカウト機能で希望と合致する求人に出会える

それに対してデメリットは次のようなポイントが挙げられるでしょう。

  • 転職者自身で事務手続きを行わなければならない
  • 良質な求人の場合は書類選考で落ちることもある
  • 非公開求人の情報を入手することができない
転職エージェントのメリット・デメリット

メリット・デメリットの前に少し転職エージェントについて説明しますね。

そもそも転職エージェントとは「有料職業紹介事業所」と呼ばれるものであり、厚生労働省から認可を受け、求職者に職業を斡旋することを目的とした会社のことです。

こちらも転職サイトと類似のビジネスモデルとなっており、転職者を紹介することで求人の依頼をする企業から手数料を頂き収益を上げる運営方法となっています。

また上記にもありますように、転職エージェントにはキャリアアドバイザーと呼ばれる転職の専門家から日程調整などの手厚いサポートも受けられるようになっています。

転職エージェントのメリットは次のようなポイントが挙げられるでしょう。

  • 日程調整や書類作成などの手厚いサポートを受けられる
  • キャリアカウンセリングとして相談に乗ってもらえる
  • 転職サイトにはない非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接では伝えられなかった長所を伝えてもらえる
  • 面接の評価をフィードバックをしてもらえる
  • 相談しづらいと感じるような給与交渉も代行してくれる

それに対してデメリットは次のようなポイントが挙げられるでしょう。

  • 転職者自身のペースで転職活動を進めることができない
  • キャリアアドバイザーによって質に差が見受けられる
  • キャリアアドバイザーのセールストークに惑わされる
  • まずキャリアアドバイザーとの面談を必要とする
  • 求職者の多い場合はキャリアアドバイザーも冷たい
たなかくん
たなかくん
両者の最大の違いは
サポート体制の有無です!

転職エージェントにおける非公開求人というポイントはあるものの、求人数そのものにつきましては、実際のところ転職サイトの求人数の方が多いと言われています。

また初めての利用となりますと、その気軽さも重要なポイントになるかと思います。

その点に関して言えば、利用開始に際して必須となるキャリアカウンセリングの無い、転職サイトは、初めての転職者にとっては取っ付きやすい手法であると言えるでしょう。

ただ、そうは言っても、必要書類の添削や面接選考の日程調整など、転職活動において必要とされる面倒な手続きを代行してもらえることは、他では見られない転職エージェントのみのメリットと言えますので、欠かすことのできないものであると考えています。

そのため初めての転職者の場合ですと、転職における経験やノウハウに不安もあるかと思いますので、実際、転職成功率は転職エージェントに若干の分があるかと思います。

ただ、こうした比較論も転職者の状況によって異なるものとなりますので、転職サービスの利用に際しては、自分自身の状況に応じた比較を進めていただければと思います。

当サイトおすすめの利用方法

今回は転職活動において人気を集めている転職サイトについて見てきました。

冒頭でも申し上げましたように、こうした媒体を利用して転職活動を行う場合には、まずは情報収集を進めつつ、転職に際して希望する条件を明確にすることが重要となります。

もし上記の作業を踏まずに応募を進めてしまいますと、転職後の後悔に繋がる可能性もありますし、場合によっては、転職活動でも迷いが生じてしまうことも考えられます。

転職業界では離職期間の長さがネックと考えられていますので、やはり時間との勝負を乗り越えるためにも、転職活動の効率化は必要不可欠なポイントになるでしょう。

そこで当サイトでは効率よく転職活動を進めていくために

  1. まずは転職サイトを利用して希望する条件を明確にする
  2. 次に転職エージェントを利用して求人検索や応募を進めていく

という転職活動のステップに応じた利用方法をおすすめしています。

たなかくん
たなかくん
教育業界を例にしますと…

その例として「教育業界への転職希望者」を対象に考えてみましょう。

おそらく転職者の中には学習塾をはじめとする多種多様な教育業界の企業に対し「どのような企業を選択すればいいのか」と悩んでいる方もいらっしゃることと思います。

そこでまずは幾つかの大手転職サイトと教育業界特化の転職サイトに登録をし、教育業界の情報収集を行いながら、転職に際して希望する条件を明確にしていきましょう。

ただ一口に教育業界の仕事と言えども

  • 講師職
  • 事務職
  • 企画職
  • 営業職

など多岐にわたる職種がありますし、これ以外の仕事として講師職などの「教える仕事」を支援するような教材開発や教育出版などの仕事も教育業界には存在しています。

なので、もし多様性にあふれる教育業界に対して、希望する条件を明確にすることができたならば、次に転職エージェントを利用して本格的な転職活動を進めていきましょう。

こちらも同じく幾つかの大手転職エージェントと教育業界特化の転職エージェントに登録を済ませ、明確にした条件を頼りにキャリアアドバイザーと一緒に進めてみてください。

この利用方法により、少しでも効率よく転職活動を進められるかと思います。

転職者のみなさんが自分らしい人生を歩んでいけるように祈っています。

では、今回はここまで。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です