転職ノウハウ

【転職ノウハウ】転職で不安と感じるポイントを明確にしてみた!

教育系ライター「たなかくん」です。

転職という人生の分岐点において、転職者のほとんどが不安を感じることと思います。

そもそも不安という感情は、はっきりと予測できないものに対して生じる感情であり、人間本来の機能として備わっている、誰にでも起こり得る感情となります。

しかし、なぜ転職者のほとんどが転職に際して不安を感じることになるのか?

これは個人的な価値観になりますが、現代社会ではキャリアの多様化に伴い、これまで以上に自分なりのキャリアデザインを描きにくくなっているように感じています。

そのため転職においては、これまで以上に自分の意思を大切にしなければならず、あわせて転職ならではの作業もあることから、自分なりのキャリアデザインを実現できるか見通しをもつことも難しくなり、転職に際して不安を感じているのだと考えています。

また、いざ希望する企業に転職することができたとしても、その転職先で上手く生活できるかどうかも予測することができないため、こちらも転職者にとって不安を抱えるポイントとなっているように感じています。

たなかくん
たなかくん
転職における不安は
大きく分けると次の2つです。

さて、こうした転職者の不安にも次のような傾向性があると考えています。

  • 転職活動に対する不安
  • 転職後に対する不安

しかしながら、人生を豊かにするべく行われる転職も様々なステップに分かれており、実際には、転職に対して漠然とした不安を抱えている転職者も多いように感じています。

ただ、それでは漠然とした不安を頭の中で繰り返し考えるだけとなり、転職に対する意欲も高めることができないことから、転職を円滑に進めることも難しくなるでしょう。

そこで今回は「転職で不安と感じるポイントを明確にしてみた」という題目のもと、転職に対して不安を抱えている転職者に向けて、転職に際して不安になりやすいポイントを明確にしていき、今後の円滑な転職活動に結びつけることができれば嬉しく思います。

転職活動に対する不安とは

まずは「転職活動に対する不安」について見ていきましょう。

一口に不安と言っても、知識不足から生じる不安の場合もあり、今回が初めての転職活動になる場合は「転職活動の手順が分からない」という不安も、よくある話です。

そのため上記のような不安を感じる場合は、転職に関する書籍などを参考にしつつ、転職者が行うべき手順について情報収集を行ってみると不安解消に繋がると考えています。

たなかくん
たなかくん
漠然とした不安の場合は
次の傾向も考えられます。

それ以外にも、人間は予測できないものに対して不安を感じる機能を備えていますが、そのような不安は転職活動の場合、どのような内容として現れているのでしょうか?

これは個人的な価値観も含まれていますが、多くの転職者は次のような予測できないものに対して不安を感じる傾向にあると考えています。

  • 転職理由を踏まえた希望する求人を見つけられるか
  • 選考を経て希望している企業から内定がもらえるか
  • 退職における手続きを円滑に進められるか

ただ予め注意が必要なのは、これらは知識不足から生じる不安とは異なり、実際に転職活動を行い、その結果を迎えるまでは少なからず不安を感じなければならないことです。

そのため、こうした予測できない不安には対策の限界があるかもしれません。

しかしながら、その不安を完璧に取り除くことはできなくとも、少しでも希望している結果を迎えるためには、その漠然とした不安を明確にしていき、その上で必要となる情報を収集しながら、その対策を講じていくことが重要であると考えています。

次のような不安を乗り越えていくためにも、ぜひ心に留めておいてくださいね。

転職理由を踏まえた希望する求人を見つけられるか

さて、転職先の候補を探す求人検索では各転職者の転職理由を参考に行われます。

たなかくん
たなかくん
この求人検索に対して
転職者は不安を感じています。

そもそも転職理由というものは、現状に対する不満を明確にしながら、それを転職によってどのように改善していきたいのか、自問自答を繰り返しながら明確化されていきます。

また、こうした転職理由を参考にしつつ転職先に求める条件も明確化していきますが、これにつきましても、これまでのキャリアや今後の将来を総合的に判断してながら考えることになりますので、仕事内容や給与額など様々な項目を大切にしなければなりません。

なので、転職理由や希望する条件は転職者一人ひとり固有のものとなるため、それを上手く明確化することができるか不安に感じる転職者も多いですし、こうした希望に合致する求人に出会えるかどうかも予測できないことから、転職者の悩みの種となっています。

たなかくん
たなかくん
どの転職サービスを
利用するのか考えることも
転職者の不安となっています。

こうした転職理由や希望する条件を参考にしながら、実際に希望と合致する求人を検索していくことになりますが、その際、どの求人検索媒体を利用するのかも重要となります。

これまでは知人の紹介や求人情報誌、ハローワークなどを利用しつつ、転職理由や希望する条件と照らし合わせながら、転職先の候補となる求人を探していました。

しかし、近年ではインターネットの普及により、転職サイトなどをはじめとする様々な転職サービスが展開されるようになり、その選択肢も多岐にわたるようになっています。

そのため一口に求人検索を行うと言えども様々な求人検索媒体があり、それぞれに長所短所があることから、初めての転職者ほど、その不安は強いものになると考えています。

また、転職サイトや転職エージェントは様々な企業から提供されており、それぞれの企業によって特徴も異なることから、どのサービスを選択すればいいのか、このサービスで大丈夫なのかなど、得も言われぬ不安を感じている転職者も多いように推察しています。

選考を経て希望している企業から内定をもらえるか

希望と合致する企業に出会えたならば、次は相手企業との選考に進んでいきます。

たなかくん
たなかくん
ここでも不安ポイントあり。

ここまで転職理由や希望する条件を考え、それに合致する求人を探しつつ、やっとのことで希望する企業を見つけたわけですが、しかしながら不採用となる場合もあるでしょう。

こうした「希望する企業から内定をもらえないかもしれない」という不安は転職者にとって予測できないものとなるため、大きな不安になることもあるかと思います。

ただ、このような漠然とした不安の他にも、多くの転職者は次のような転職活動ならではの作業に対して不安を感じているように考えています。

たなかくん
たなかくん
それが書類選考です。

転職活動は、その性質上、転職者の職務遂行能力の有無を判断するべく、書類選考をはじめとする様々な選考を通して、転職者のもつスキルや経験を見定めていきます。

そのため就職活動などで作成してきたであろう履歴書だけでなく、これまで転職者が職業人として経験してきた仕事内容などをまとめた職務経歴書の作成も求められてきます。

ただ初めての転職活動となりますと、どのような書式で、どのような内容を記載すればいいのか予測できないために、多くの転職者が不安を抱いているように感じています。

たなかくん
たなかくん
面接対策も不安ポイント。

基本的な流れとしては、転職活動の場合、履歴書や職務経歴書による書類選考を経て、その選考の後に採用担当者などによる面接選考を実施することになります。

また中途採用を行う企業の多くは業務を円滑に進めるべく、不足した人材を補充するために選考を実施していますので、書類選考と同様に面接選考につきましても基本的には限られた時間の中で、転職者の職務遂行能力をチェックしていくことになります。

そのため、もしも

  • これまでとは異なる業界や職種を希望する
  • 第二新卒など評価するために必要な経験を積んでいない

という場合でしたら「こんなキャリアだけれど大丈夫なのだろうか」と不安に感じることも想定され、選考対策を進めることができずに悩んでしまうこともあるかと思います。

また上記のような場合ではないにしろ、相手企業には明確な選考基準があるため、自分自身の魅力を上手く伝えられるのだろうかと不安を抱く転職者も多いように感じています。

退職における手続きを円滑に進められるか

転職活動において避けては通れない道となるのが、この退職に関する手続きです。

たなかくん
たなかくん
特に退職意向を伝えることは
予測できない不安となります。

基本的に退職をする際は、それぞれの企業にある就業規則に従い、必要な手続きを経て退職することになりますが、ここで心理的負担となるのが上司への退職意向の報告です。

この退職意向の報告は転職した者の多くが「運も関係している」と述べるほど、転職者以外の要素が大いに関係するステップとなりますので、正直なところ、実際に退職意向を伝えるタイミングになるまでは、どのような態度で受け止めてもらえるか分かりません。

そのため転職者にとっては「上手く円満退職に結びつけられるのだろうか」と尽きない不安に駆られることになりますので、ある意味では、ここが最大の山場と言えるでしょう。

実際に「退職の際にトラブルに巻き込まれるのではないか」という不安から、希望する企業からの内定を手放して、そのまま現職で働き続ける転職者も見受けられますので、この退職における心理的負担については、想像以上に大きなものであると考えています。

たなかくん
たなかくん
また退職手続きにも
不安を抱える転職者は
多いように感じています。

これまで求人検索や書類作成など転職活動ならではの作業をこなしてきましたが、この退職に関しましても、税金や保険などの事務的な手続きをこなさなければならないため、円滑に退職、入社することができるのか不安に感じる転職者も多くいらっしゃいます。

また退職するタイミングによっては、上記の事務的な手続きを自分自身で進めなければならないこともあるため、これまで給料から天引きされてきた転職者にとっては、こうした知識には疎く、どのように進めればいいのか不安になることもあるかと思います。

そのため退職のタイミングにつきましては、リスクも考慮しつつ、入念に計画を立てておかなければ不安を感じ続けることになりますので、注意していただければと思います。

転職後に対する不安とは

次に「転職後に対する不安」について見てきましょう。

転職理由の明確化から始まり、相手企業との選考を乗り越え、ようやく希望する企業に入社することができたならば、今後の生活に期待を膨らませることになるかと思います。

しかし、その反面で多くの転職者は転職すると決意した頃から転職後の生活に不安を感じており、実際には転職先への期待感よりも多くの不安感が転職者の心に重くのしかかっているように感じています。

たなかくん
たなかくん
この転職後の不安についても
傾向性があると考えています。

そもそも転職後の不安につきましても「転職先で上手くやっていけるのか」など、具体的な原因があるわけでもなく、ただ漠然とした不安として転職者を悩ませています。

しかしながら、この転職後の不安も同様に細かく見ていきますと、次のような予測できないものに対して不安を感じている傾向にあると考えています。

  • 転職先が今と同じようなところだったらどうしようか
  • また転職を繰り返すことになるのではないだろうか

では、こうした不安を参考にしながら、少し詳しく考えていきましょう。

転職後の不安は過去の経験が関係している

冒頭では不安について、はっきりと予測できないものに対して生じる感情であり、人間本来の機能として備わっている、誰にでも起こり得る感情であると申し上げました。

しかし、こうした誰にでも起こり得る不安につきましても、転職者一人ひとりによって不安に感じるポイントは異なるため、もう少し深く読み解く必要があると考えています。

そこで重要となるのが不安のメカニズムにも関係する過去の経験について。

これについてはトラウマの仕組みを想像していただければと思いますが、例えば大きな失敗を契機として、同様の場面に遭遇した際に「同じような失敗をしたらどうしよう」と不安に感じるようなメカニズムのことを示しています。

そのため先ほどの

  • 転職先が今と同じようなところだったらどうしようか
  • また転職を繰り返すことになるのではないだろうか

においても、ただ漠然とした不安と考えるのではなく、これらも転職者一人ひとりの経験を参考にしながら、その不安を明確にしていくことが重要であると考えています。

たなかくん
たなかくん
この過去の経験についても
傾向性が見受けられます。

こうした過去の経験も細かく考えていきますと、転職者一人ひとり異なる固有の不安になると思いますが、これらも要所を押さえますと、ある程度の傾向性があると考えており

  • 新しい職場に馴染めるのか
  • 希望する仕事ができるのか
  • きちんと評価をしてくれるのか

などが挙げられるかと思います。

例にしてみますと、今の職場で上司との人間関係に不満を感じているのでしたら、転職後の不安も人間関係に関することになると思いますし、今の仕事内容に対して不満を感じているのでしたら、転職後の不安も仕事内容に関することになるでしょう。

また今までとは異なる業界に転職する場合ですと、自分自身のスキルに不安を覚えることもありますし、将来のキャリアパスについても、自分の思い描いた通りに進んでいくのか不安になることもあるなど、過去の経験に基づく不安の他にも、これまでのように予測できない不安として現れることもありますので、広い視野を大切にしていきましょう。

ただ、そうは言っても、どのような人間であっても、新たな環境に飛び込めば大なり小なりストレスを感じることになりますので、転職後しばらくの間は一定のストレスを感じながら転職先の生活を過ごしていくことになると思いますので注意してくださいね。

転職の不安を対処するには

ここまで「転職の際に感じる不安ポイント」について見てきました。

転職における様々な不安ポイントをご紹介させていただきましたが、こうした不安ポイントにより、転職者の漠然とした不安を明確にすることができれば嬉しく思います。

たなかくん
たなかくん
不安を感じている際は
常に不安ポイントをチェック。

人生を大きく左右する転職では、こうした転職における不安をコントロールしつつ、転職の成功に向けた継続的な活動に向けてモチベーションを維持することが重要となります。

そのため、転職に際して不安に感じていると思うことがあれば、転職者のみなさんは固有の不安を明確にすることで、円滑な転職活動に結びつけることができると考えています。

なので、もし漠然と感じていた不安を明確にすることができたならば、次はその不安を解消するべく、モチベーションの維持に向けたアクションを起こしていきましょう。

ひよこ
ひよこ
モチベーションの維持は
どうすればいいんだろう?

これは転職を決意した際に明確にする転職理由が重要な役割を担うと考えています。

転職理由には現状に対する不満や今後の将来に対する希望など、総合的に判断されたものとなりますので、その想いは不安解消に役立つ心強いアイテムにもなるでしょう。

また、この転職理由を考えることは、これまで気付かなかった転職者の働き方などを見直すきっかけとなり、転職に対する想いをより強く明確にすることができますので、転職理由を考えていくことは転職活動を乗り越える上で重要なポイントと言えるでしょう。

たなかくん
たなかくん
転職に関する情報は
当サイトもチェックです。

またColorfulEducationでは、知識不足による不安を解消するために、転職に関する情報も記載しておりますので、転職者のみなさんはぜひ一度ご覧ください。

転職者のみなさんが自分らしい人生を歩んでいけるように祈っています。

では、今回はここまで。

ColorfulEducation運営者:たなかくん

育経験のある筆者による転職エージェントおすすめランキング!

おすすめ転職エージェント

はじめて転職する場合ですと、希望条件に合う求人を調べるのも大変な作業。ましてや必要書類の作成や面接の日程調整も含めますと、とても一人では対応できません。

たなかくん
たなかくん
そんなときこそ転職エージェントの出番!

転職の専門家であるキャリアアドバイザーから希望条件と合致する求人を紹介してもらえるだけではなく、転職における面倒な手続きも支援してもらえるなど、はじめての転職者にとって欠かすことのできない転職サービスとなります。

また転職そのものに悩んでいる場合も、ぜひ相談してみてください。転職者の状況を踏まえながら、転職の必要性を示してもらえます。転職という人生を左右するライフイベントにおいて、頼もしいパートナーになると言えるでしょう。

転職エージェントの利用方法とは?

下記では、教育経験のある筆者が「はじめての教育・はじめての転職」となる人に向けて、求人やサポート体制に着目した転職エージェントのランキングを記載しています。

無料で利用でき、登録も簡単です。

ぜひ一度ご利用ください。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

 おすすめ度 

転職業界最大手である「リクルートエージェント」は他社を圧倒する求人数。老舗というこもあり、キャリアアドバイザーの給与交渉力は目を見張るものです。そのため国内No.1の転職実績を誇る信頼できる転職エージェントと評価されています。

またリクルートエージェの登録者は転職者の7割以上。全国に対応しているだけではなく、多岐にわたる業種をカバーしていることも関係していると言えるでしょう。

リクルートエージェント

 マイナビエージェント

マイナビエージェント

 おすすめ度 

転職業界3番手に位置する「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営するCEおすすめの転職エージェントです。中途採用では3番手に位置するものの、新卒採用では1位であることから、20代や第二新卒の求人に強みをもっています。

また求人の質もさることながらキャリアアドバイザーのサポートも充実しています。「はじめての教育・はじめての転職」なら安心感No.1と言えるでしょう。

マイナビエージェント

 doda

doda

 おすすめ度 

転職業界2番手の「doda」はパーソナルキャリア株式会社が運営するバランスに優れた転職エージェントです。リクルートエージェントに引けを取らない求人数もさることながら、dodaの注目ポイントはサポートの充実度。

職務経歴書の作成など転職ノウハウに定評のある転職エージェントですので、書類作成など転職活動そのものに不安を感じている場合はdodaがおすすめです。

doda

番外:EducationCareer

EducationCareer

 おすすめ度 

「EducationCareer」は転職業界では珍しく、業界を絞って専門的なサポートを行う「特化型転職エージェント」です。株式会社ファンオブライフにより運営されており、業界動向など教育業界に関する情報を数多く有しています。

講師職だけではなく、営業職などの求人も取り揃えており、教育業界に詳しいキャリアアドバイザーも在籍していることから、安心して相談できるでしょう。

EducationCareer

 

だ転職そのものに不安のある場合は転職サイトをチェック!

教育業界に興味を感じているけれど、まだ転職の意思は固めきれていない。そんな場合は転職エージェントよりも転職サイトを用いて将来のイメージを膨らませてみましょう。

たなかくん
たなかくん
自分のペースで気になる求人をチェックできます!

転職サイトは転職エージェントと異なりキャリアアドバイザーによるサポートを受けられません。しかし、転職のイメージを高めるべく情報収集を行うにあたっては、この上ない転職サービスであると考えています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は「リクルートエージェント」と同じく、競合他社を圧倒するほどの求人数を揃えています。また「リクナビNEXT」のみ保有している求人も数多くあることから、転職者からの信頼も確固たるものです。

手軽に職務経歴書や履歴書を作成できるサービスやグッドポイント診断という転職者のPRポイントを調べてくれるサービスなど、転職エージェントにはないツールを取り揃えているのも大きな特徴。

もし転職そのものに悩んでいるのでしたら、やみくもに転職サービスを利用するよりは、こうした転職サイトを1つ選んで転職のイメージを高めるのもおすすめです。

リクナビNEXT

ただ本格的に転職するとなると、キャリアアドバイザーなしで転職を進めるのは確実性と効率性を鑑みるとおすすめできません。ですので、転職サイトを利用しつつ転職の意思を固められたならば、ぜひ上記の転職エージェントを参考に相談してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です